ほうとう体験詳細はこちら

すりだね

すりだねとは?

すりだねは、赤唐辛子をベースにゴマや山椒を加え油で炒めた調味料のことです。

富士吉田にある吉田のうどんやほうとうのお店に行くと必ずおいてあり、ほとんどのお客さんがせっせとすりだねをうどんに投入します。

一般的にうどんにかける辛味は「一味」や「七味」を思い浮かべますが、ここ富士吉田市の吉田のうどんには「一味」や「七味」の代わりに「すりだね」なのです。

すりだねは”辛味”や”辛いの”などとも呼ばれていて、天かすや醤油と同じ様にカウンターやテーブルに置かれています。

ただ辛いだけじゃなく、辛い中にも旨味がギュッと凝縮されていて、辛い調味料が苦手な方でも少し入れるだけで旨味を感じることが出来ると思います。よくある一般的なすりだねはしっとりしているものが多いですが、こちらもお店によって作り方が様々なので、油で炒めたり、醤油や砂糖、おかかを入れたりと独自の味を確立しています。

富士家自家製のすりだね販売

通販で購入をご希望のお客様はこちらからご購入ください。

ご質問はお問い合わせページからお気軽にお申し付けください。

サイズ・料金

表示価格は全て税込みになります。

※送料は別途ご負担いただきます。

・すりだね小(25g) ¥300
・すりだね大(50g) ¥600
・すりだね特大(200g) ¥1,500

すりだね小を購入

すりだね大を購入

すりだね特大を購入

お申込み 24時間受け付けております

お問い合わせもこちら お気軽にご相談ください